お子さんの耳・鼻・のどの病気

  • ホーム
  • お子さんの耳・鼻・のどの病気 ・・・Vol.1 子どもの中耳炎・病院に行くタイミングは?
子どもに多い中耳炎・どんなことに注意したらいい?

お子さんは、風邪などをきっかけに中耳炎になりやすいといわれています。
また、お子さんの約8割は中耳炎になっても自分で症状を訴えることができないといわれており、見過ごされる場合も多々あります。そのため、観察のポイントを知っておくことが早期発見そして早期の治癒につながります。

お子さんがよくかかる中耳炎は急性中耳炎か滲出性中耳炎のいずれかです。
イメージ
急性中耳炎「ウミがたまる中耳炎」【急性中耳炎の症状】 発熱 耳の痛み 	耳をよくさわる 	機嫌が悪い 	耳だれ(耳漏)


のどや鼻についた細菌やウイルスが、耳管(鼻と耳をつなぐ管)を通って中耳に入り炎症を起こします。

多くの場合は、かぜをひいた時に合併してかかります。

病院へ行くタイミング

・かぜをひいた時に上記のような耳の症状や発熱があった場合は耳を確認してもらいましょう。
・3歳未満の小さいお子さんは中耳炎になりやすいといわれていますのでより注意が必要です。

治療

・原因となる、のどや鼻を治すことが基本です。特に鼻水が多いと治りにくいため、内服や処置にて治療します。
・中耳炎の程度に応じて抗生剤を使います。
・中耳炎がひどい場合

鼓膜の切開
症状がひどく膿が多い場合には、鼓膜を切開して膿を出す治療をします。
当院では麻酔(耳にクスリを入れる麻酔です)をしますので、痛みはほとんありません。
鼓膜の穴は通常1週間以内で閉じて元に戻ります。
換気チューブの挿入
鼓膜を切開しても反復を繰り返す場合には、一時的に鼓膜に換気チューブを入れて治療します。

(当院では、局所麻酔でその日のうちに治療しています)

※「鼓膜を切るとクセになりやすいのでは」とよく質問を受けますが、そのようなことは全くありません。

むしろ、中耳炎になりやすい子のため鼓膜切開を繰り返す必要があるということです(そのような人は多くありません)。必要に応じて治療すればきちんと治ります。


滲出性中耳炎「水がたまる中耳炎」【滲出性中耳炎の症状】  聞こえが悪い 呼びかけても返事をしない 聞き返しが多い 耳がつまる感じがする ぐずついてよく泣く
のどや鼻の炎症などが原因で耳管の通りがわるくなり、中耳に水のような液体(滲出液)がたまります。
急性中耳炎から移行することもよくあります。
アデノイド(鼻の奥にある扁桃腺の一つ)が大きい場合はかかりやすくなります。
高熱がでることはほとんどありません。

病院へ行くタイミング

・かぜをひいたあとなどに、上記のような耳の症状などが出た場合には耳を確認してもらいましょう。
・特に鼻が多いときは治りにくいため、内服薬などでまずは鼻をきちんと治すことが重要です。
・お子さんの場合は自分で気づかない場合が多いため、保護者がお子さんの変化に気づいてあげることが大切です。

治療

・薬による治療
のどや鼻の炎症がある場合は内服によって治療します。
・治りにくい場合(3か月以上治らないばあい、くり返す場合など)
滲出液の排出     鼓膜を切開してたまった滲出液を出します。
換気チューブの挿入    繰り返す場合、非常に治りにくい場合に鼓膜にチューブを入れて治療します。


さくら医院 耳鼻咽喉科 〒134-0091 東京都江戸川区船堀3-5-7 トキビル3F( 船堀駅下車 徒歩 1 分)
宗仁会のさくら医院(耳鼻咽喉科)ページ

さくら医院では耳鼻咽喉科の特徴を最大限生かした医療を提供しています

診療時間 ☎ 03-5674-8733
  月~金 休診日
【午前】 10:00~12:30 10:00~12:30 10:00~13:00
(第2・第4日曜)
第1・3・5 日曜
祝祭日
【午後】 15:00~18:30 15:00~17:00
携帯電話用診察受付システムQRコード(ご予約が可能です)
Page Top