Seasonal Topics

  • ホーム
  • Seasonal Topics 「夏の疲れが残る秋はかぜをひきやすい?」
かぜにかかる3つの要因 抵抗力が低下している時期はかぜにかかりやすくなります。人によってかぜをひきやすかったり治りにくかったりしますが、それはなぜでしょうか。

かぜにかかるための要因は大きくわけて3つあり、これらが影響しあって発症します。

かぜにかかる3つの要因病原体

・とても種類が多い

かぜの原因となる病原体は200から300ほどあるといわれ、その約90%がウイルスといわれています。

・ワクチン

これだけ種類があるため、すべてに有効なワクチンは開発されていません。

・抗生剤

ウイルスには抗生剤などのクスリが効きません。

(細菌感染を合併した場合などは抗生剤が有効です。)

からだの問題

・免疫力

ウイルスや細菌を攻撃する力(抵抗力)です。免疫力が高い人はかぜにかかりにくくなります。

・免疫力の低下

子供は大人にくらべて免疫力が低いです。
また、大人でも疲れや寝不足によって免疫力が低くなります。

冷えなどによって免疫力が低くなります。

環境の問題

・急な温度変化、乾燥

ウイルスが低温や乾燥した環境を好むため、そのような時期にはかぜが流行します。また、寒さや乾燥などでのどが痛みやすくなったりします。

・集団保育の低年齢化

昔に比べて3歳未満の乳幼児の保育が増えています。免疫力が低い子供たちのためかぜが流行しやすいです。

イメージイメージ



夏の疲れが残る秋はかぜをひきやすい季節秋は、急に温度も下がり夏の疲れも残るために、免疫力が低下しやすい状態になります。
冬に向かい徐々にウイルスも活動も盛んになります。
秋から冬にかけては「病原体」「からだの問題」「環境の問題」すべてがそろうため、かぜをひきやすいシーズンなのです。

通常のかぜであれば3~7日ほどで治りますが、治りにくい場合、症状が強い場合、繰り返す場合には受診をおすすめします。


かぜの時は耳鼻科をたずねたほうがよい? 耳鼻咽喉科で一番診察する部分が、かぜの症状が出るところです。
耳鼻咽喉科では鼻やのどをファイバースコープなどを用いて直接見て確認しますので、正確な診断が可能です。そのためかぜの症状の診察をとても得意としています。
また小児はかぜから中耳炎をきたすことが多いため、合わせて確認することが重要です。
いつでもご相談ください。


さくら医院 耳鼻咽喉科 〒134-0091 東京都江戸川区船堀3-5-7 トキビル3F( 船堀駅下車 徒歩 1 分)
宗仁会のさくら医院(耳鼻咽喉科)ページ

さくら医院では耳鼻咽喉科の特徴を最大限生かした医療を提供しています

診療時間 ☎ 03-5674-8733
  月~金 休診日
【午前】 10:00~12:30 10:00~12:30 10:00~13:00
(第2・第4日曜)
第1・3・5 日曜
祝祭日
【午後】 15:00~18:30 15:00~17:00
携帯電話用診察受付システムQRコード(ご予約が可能です)
Page Top